So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

小さくても大きな時間

20181013_01_Teaset_250_314_20180112.jpg

 効率的な作品制作のために、Blenderでキャラクターや舞台装置の改良・作成を続けています。

 とは言っても、不愉快な問題が未解決でもあるし、調べたり検討したりしなければならないことが多くてうんざりします。

 絵描きになりたいはずなのに、作品制作に使う時間が妙に少なくなっている…
 いや、時間の多い少ないで考えないことにしましょう。
 サッカー選手なら試合の90分のために残りの22時間30分があって、その90分があるから、試合の日って呼ぶんだ…絵描きだったら、誰にも分かってもらえなくても、ほかの用事を押し付けられても、CGソフト上の作業を30分進めれば、構図やデザインの検討スケッチに使えた時間が45分あったら、それが作品制作を進めた日なんだ。
 だから自分は作品の作り手なんだ…と思うことにします。

 コミティアの参加案内書が先日、届きました。
 時間が止まっているはずが無くて、確かに月日は流れていって、出展の日は近づいてくるんです。

 しっかりしなきゃ。2月11日が次回コミティアの開催日。持参する作品の準備をしなきゃ。

 執筆する本は、今度も本文28ページより少ないものにしようと思っています。調べて対応しなければならない用事があるので、存分に作品へ時間を使えるわけではないはずです。
 出張マンガ編集部についても、持ち込み先を調べて決めることは、今度も見送ろうと思います。そっちを調べている時間が取れないと思うし、堂々と持ち込みする規模の新刊も書かないって決めているわけですから…。

 それでも、何もしていないのではありません。制作用のCGデータ、制作する内容の考え方、いろんな改善をしているつもりです。
 来月、作品の持ち込みをしないとしても、いつか面接に進んだ時、自己鍛錬にはげんで来たとPRする下地は作りましょう。

 実生活で不愉快なトラブルが起こると、ついつい、不愉快な人や物事についてばかり考えるようになってしまいます。
 でも、身近な出来事にとらわれて、そんなもので作品を染め上げてはいけない。
 現実に、愚痴なんか並べても、誰も聞き役になってくれるわけ、ありませんからね。
 憎々しい敵ではなく、見た人が楽しい気分になってくれるもの、私が作っていて楽しく有意義だと思えるものにしなければ。

 そういう注意深さも、忘れていないつもりです。
20181013_02_whisk_200_113_20180112.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | -