So-net無料ブログ作成
検索選択

イースターエッグのレルシーナ

polls_20170620.jpg

 この間公開した新キャラクターの名前を決めました。
 イースターエッグの女の子、名前をレルシーナ(Relseena Easter egg)とします。苗売り娘ノルン・シュマートンのちいさな相棒、ひとまず完成です。

 殻の絵柄はカタバミ(Sorrel)、ノルンと一緒に草木の苗(Seedling)を育てている…そんなあたりから拾い出した単語の部分をつなぎ合わせて、レルシーナと名付けることにしました。

 こどもかおとなか分かりませんけれど、苗売りノルンと一緒にお仕事をしているので、いもむしラゼンパ君よりはお姉ちゃんのようです。

 子供か大人か分かりませんけれど、東京では都議会議員選挙が近いので、投票ネタで投稿しました。
 一年前に、時計仕掛けのフィボートを考案した頃も丁度選挙の時期だったので、その頃と同じネタにさせていただきました…。

sample_20170614.jpg

 東京では選挙戦の期間が始まっているわけですけれど、私は戦うとか勝ち負けとかいうものは、好きにはなれません。
 もちろん選挙を否定はしません。スポーツやゲームで人と勝負することが嫌いなんです。
 選挙だから得票で勝敗を決めて、誰が民衆の代表者になるのかを争うことには意味はあります。そうして競わなければならない場面は現実社会に必ずあるんですから、娯楽や休息の場に持ち込まれたくないんです。

 健康や節制としてスポーツに意味はあるけれど、敵味方に分かれて熱狂しなくてもいいでしょう。
 そういうことが好きだという人だけやっていればいい。

 敵の失敗を大げさに笑いものにして、敵が負ければ偉そうに満足感にひたる。
 そんな仲間には入りたくもない。まわりが熱狂している時に、しらけて眺めている者がいてもいいでしょう。そうした者も分け隔てなく尊重されるべきです。それともスポーツマンシップとは、争いを嫌う者を受け入れない主義なのでしょうか。


 こういうことを思うのも、私の個人的な体験がもとの、少数派の考え方なのでしょう。
 私の作品を相手にしない人なんて、いくらでもいます。
 絵の構図をどうしようか、どんなシナリオを作ろうかと真剣に考えても、突き放した言葉で批評する、作品をしらけて眺めるだけの無関心な人なんて、いくらでもいます。
 お前なんかどうでもいいんだ、謙虚になれ、と言われます。
 それなら、あんたも大好きなことに熱中する時、謙虚になれよって思うんです。
 いろんな経験から、たどり着いた発想です。
 もしも権力者や資本家などがパトロンになって、私のイラストやデザインをほめ倒して甘やかしていたら、違う考え方になっていたかもしれませんね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0