So-net無料ブログ作成

自分が反面教師にならないように、気をつけないと。 [ポリシー]

 CGソフトで画像を描いて、配置して紙面として仕上げる作業は迷うことなく進められますが、その前のシナリオを作る段階で、いつも迷って時間を費やしてしまいます。


 手っ取り早くストーリーを大量生産するような方法は無いのかと、つい思ってしまいます。
 例えば、ありふれたテレビドラマや映画のように、毎回どうしようもなく邪悪な敵が現れて、主人公が軽快にやっつけてしまうとか。
 でも、すぐに思い直します。そういう安っぽい筋書きを数えきれないほど見てきたから、市販のコンテンツをチェックするのが嫌になったんだと、思い出すんです。


 戦って相手を打ちのめすしかないというシチュエーションは時代遅れでしかありません。我々には宣戦布告をする権利がある、君たちの領土へいつでも攻め込むことができる、そんなことを宣言しても役に立ちません。
 現実には、脅威をもたらす人々というものは、もっとはるかに巧妙で陰湿です。
 そして、誰かを敵視して、それを正義だと信じることも、邪悪な敵というものを別の視点から見せているものでしかありません。
 いじめは悪いことだと説教する人がいます。いじめている当人は、標的の人に何かの非があるから、正当な報復をしているのだと思い込んでいます。被害者から見ると悪人、そして当の加害者は自分のことを、正義のいじめを武器に戦うヒーローだと思い込んでいる。そんなことはよくあります。絶対的に正しい正義や悪なんて、実験室のような環境で作るものでしょう。生身の人間はそこにはいません。

防寒服姿の探検隊

 わき役をたくさん作ろうかと思ったこともありました。画面に出して楽しくなるキャラクターならいいでしょう。以前探検隊のキャラクター達を作成した時は、それなりにユーモアのある画面を描けました。


 けれど、ぱっとしない外見の、いわば他人・よそ者専用のキャラクターを作っても、面白い作品にはならないだろうと思います。

 人体の3Dデータの作成には何日もかかるから、という技術上の理由もあります。
 もう一つの理由は意識面のことです。主人公と違う、というより、明らかに劣るような人をあえてデザインして画面に出すのは、なんだか創作上に身分の差を出すような気がしてきたんです。

 自分は重大な役目についているから、他の者たちの仕事や自由を奪ってよい。お前たちの義務は、我々に奉仕することだ。そういううぬぼれた者が、ささいな理由で自分を特権階級だと思い込んだ者が、ひとに対してどれほど残酷になるのか。私たちは忘れないようにしなければなりません。身のまわりでも、ニュースでも、過去の歴史でも、実例は枚挙にいとまがないものです。
 人気が出そうなキャラクター、イラストや物語、こうして記事を書くときに主役になれるキャラクターこそ、つくりがいがあるというものです。


 忘れてしまって作品を作る立場になると、昔の自分がうんざりしていたような、つまらない作品を作ってばかり、にもなりかねません。気を付けないと。



作者は忙しくても、記事が退屈で失礼します。

 作品準備中です。退屈かもしれませんが、今お見せできる話題はそのくらいしかありません。

 2016年1月末のコミティア115出展に間に合うように、本の制作を進めています。
 ポストカードのイラストも進めています。本の完成が間に合わないとしても、持参する作品を何かしらそろえておくつもりです。
 あとわずか一ヶ月程度、のんびりしてはいられません。

 今年8月に公開した『ファーネス・ファーが暮れる頃』よりも短い内容にします。本文20ページ以内にしようと思っています。何とかコミティア115開催日に完成する規模にするためです。

空飛ぶリンナミーシャと遍歴のカーロ

 主役は空の語り部リンナミーシャと、遍歴の科学者エルンスト・カーロの二人にする予定です。以前にも記事で触れたかもしれませんけれど、今年制作した漫画の中でリンナミーシャは目立たない役だったし、カーロは登場しませんでした。できるだけ新作の内容に変化をつけるために、この二人を選びました。

 5月に開催されるコミティア116にも申し込むつもりです。それに5月にはデザインフェスタもあります。ですから、1月の出展を終えてからの3ヶ月も、さらなる作品づくりです。

 作品の案はいろいろあります。1ヶ月後に間に合うもの、2月から4月までの期間を使って、じっくり準備をしたいもの、いろいろあります。

 年末年始も机に向かって作品制作です。退屈している場合ではありません。こんな文章をお読みの皆さんは退屈かもしれませんけれど…まあ、あまり退屈させない物語ができるように、がんばりますのでご理解ください。



身軽になった主役 [メイキング - Blender]

 2016年5月開催のデザインフェスタvol.43、抽選を通過しました。出展させていただけるからには、腕によりをかけて作品づくりとまいります。

Wings_sample_20151207.jpg

 空の語り部リンナミーシャの、羽のデータの構造を大幅に改善する作業が、つい先日完了しました。
 キャラクターや舞台装置の3Dデータの改良は日常的にしていますが、今回の件はやや大がかりでした。
 デザインは変更せず、動かしやすさを向上させる作業です。外見には表れていないかもしれません。けれども、リンナミーシャが登場する絵を制作する時の所要時間が違います。

 今年の9月、デザインフェスタのサイトに掲載させていただくために、出展者紹介用の画像を準備していました。
 画像をすぐに完成させたのではなく、まずリンナミーシャが空を飛んでいる姿だけのイラストをPixivで公開しました。
 そのイラストに街並みや星空の背景を付け加えて、出展者紹介画像として送付していました。
 こんな風に段階を踏んでいたのは、それだけリンナミーシャにポーズをとらせることに手間取っていたからです。

Flyingpose01_20150913.jpg

 もちろん完璧というのではなくて、この先もこまごまとした調整はしていくはずです。けれどもまとまった時間を要する作業は当面避けられると思います。作業時間枠を下ごしらえではなく、発表段階の作品を制作する作業中心にできるはずです。
 リンナミーシャの羽をスムーズに動かせるようになったのですから、来年1月のコミティアに向けて制作する頒布品でも、リンナミーシャが存分に動き回る画面を描いてゆこうと思っています。


おもちゃのドードー・ジェット [パーソナル ノート]

ドードー・ジェットのフィギュア、着陸状態

 空飛ぶロボット、ドードー・ジェットのフィギュアを作りました。大したものではないのですが、長い苦労の末に、ようやく出来上がりました。

 関節を動かすことで、着陸状態と飛行姿勢のポーズを再現できます。また、飛行姿勢でも水平に置くことができます。

ドードー・ジェットのフィギュア、飛行ポーズ

 ドードー・ジェットは当初から、この仕組みのおもちゃとして作るためにデザインしていたキャラクターです。足や翼を大きくデザインした理由を説明するには、実物を見せるのが最善のはずだと考えてフィギュア制作を進めていました。

 ただし、制作期間を少しでも短縮するために、一部に市販の組み立てキットの部品を利用しました。顔や体格といったキャラクターらしさを表す部分はオリジナルの構想に忠実ですが、全体のデザインはフィギュアよりもイラスト版の方が、当初の案に近いものです。



 イラストで公開するよりもずっと以前からフィギュア制作を開始していたのですけれど、何度も作り直しや作業の中断などをはさんでしまって、長い年月をかけた末に、ようやく完成しました。

 仕上げが粗いのですが、これで完成ということにします。もっとイベントでの展示や販売に役立つ作品に軸足を移すべきだと思っています。

ドードー・ジェットと空の語り部リンナミーシャ

 完成まで、とても苦労しました。材料を加工することだけではなく、フィギュアを作ること自体にどれほど意味があるのかという疑問を抱えたままの制作だったからです。現実に、これまでにも何点かフィギュアを作りましたが、たまに撮影して画面の飾りにする程度で、CGと比べると使い道が少なく、作っても割に合わないという経験ばかりでした。

 それである時点から、これからはキャラクターを考案してもフィギュアは作らない、ということに決めました。その時未完成のまま残っていたのが、このドードー・ジェットのフィギュアでした。

 このフィギュアは未完成でいい、CG版のデータはすでに作ってあって、ちゃんと使えるんだから。そう何度も自分に言い聞かせたものでした。でもなぜか、そう決めるとひどく落ち込んでしまって、CGイラスト制作をする気力も無くすようなスランプになるのでした。これまでのイベント出展で何度か、作品準備がはかどらなかった、体調が悪かったと弁解したことがありました。実はあれは、今度こそドードーのフィギュアを完成させよう! という目標が挫折していたのがあったんです。
 今週は作業時間の何割をドードーのフィギュアに回そうか…と頭をひねることを続けて、ほんの少しずつ作り上げてきました。

 ようやく完成して、こうして公開したフィギュアですが、イベントなどで展示する予定は特にありません。使う見込みがないのに、作りかけのままでは気分が悪いからというだけの動機でした。

 ドードー・ジェットが悪いのではありません。私が現実的ではない計画を立てていた頃の古い発想に、ようやく決着をつけたというところです。

 肩の荷が下りたんですから、これからはもっとイベントやウェブでお見せするのに適した作品に集中します。しっかり作っていきましょう。

これからまたがんばります。



来年1月のコミティア115、参加です [イベント - コミティア]

 2016年1月31日に開催される予定のコミティア115に申し込んでいましたが、主催するコミティア実行委員会から通知が届きました。今回は私も出展できるようです。

 今年秋の第114回は抽選で落ちてしまったので少し心配していましたが、とにかく来年1月末に販売できる作品がそろうように、がんばって準備を進めます。

Fallwind_20151102.jpg

出展者レポート、よろしければごらんください。 [イベント - デザイン・フェスタ]

今回は簡単なお知らせだけなので、ブログとPixivに同じ文章で投稿させていただきます。ご了承ください。


 先日送付したデザインフェスタvol.42の出展者レポートを、デザインフェスタのサイトに掲載させていただけました。
 以下はレポート掲載ページへのリンクです。

DF42『ゼフィーベの空に風翔けて』出展者レポート

 私も悪文にはならないように気を付けたつもりですが、ほかにも多くの出展者さんがレポートを投稿されています。色んな方々のレポートを読むと、イベント出展に役立つアイデアやヒント、きっといろいろあることと思います。ご興味がある方はごらんください。

DF42_Booth_20151121.jpg