So-net無料ブログ作成

ラリィ車掌のオーディナリードレス

Odr_250_20170830.jpg

 トラムカンパニーのラリィ・アービル車掌は、長い金髪の女の子。人が集まる、にぎやかな場が好き。
 そんなラリィが、休日を過ごす時の服装を作成しました。Blenderのデータ上では、Ordinary_dressと名付けました。

 ラリィの相棒のパーシュ運転士には、今年のはじめに制作した漫画のシナリオの都合で、ランバージャック風の私服姿をデザインしていました。
 そして今回、ラリィにも私服を作ったので、これで二人ともオフの時の過ごし方を描写できるようになりました。

 ラリィ車掌の3Dデータは去年作成しましたが、ずっと前から作っていた、赤毛のシャウラのデータをコピーしたものから始めました。

012_1_20161107.png

 それで、シャウラのデータ上に作ってあった、ドルマンスリーブを再現する仕組みも、ラリィのデータ上に残していました。あとで使い道が見つかるかもしれないと思ったからです。
 ですから、その部分を活かした衣装としてデザインしてみました。ドルマンスリーブだった部分は色を変えた程度ですが、えりや袖口のデザインを変えて、シャウラの普段着とは雰囲気を変えてみたつもりです。

 今回活かした袖の仕組みのように、今は使っていないけれど、もしかすると使い道が見つかるかもしれないから保存してある…という3Dデータはいろいろあります。
 トラムの車両を作成した時にも、線路や停留所などの設備の作り方を何通りか試していました。だから車両の見た目は地味なんですが、ファイル上は中身が結構ごちゃごちゃしています。…まあ、少しずつ整理していきます。

Tram_sample01_20160920.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

出展区切り、でも創作活動は終わりませんよ。

20170823.jpg

 8月20日のコミティア121への参加も、おかげさまで無事終えることができました。

 けれども結果は、目指していたものには遠く及ばないものでした。
 今回制作した漫画『彩りと流れのおもて』は、本文16ページでした。
 本当は本文28ページを目指していました。でも、最初にシナリオを検討する段階をいたずらに長引かせてしまったせいで、執筆に使える日数を少なくしてしまったんです。

 出張マンガ編集部の出展メディアについても調べなかったので、作品を見せに行くこともなかったのでした。
 16ページ程度の薄い漫画では相手にされないだろうと、悲観的になっていました。
 合同説明会のような場で、名前も聞いたことが無い縁遠い会社のブースへ行っても、自分に合う職場が見つかるわけがないので、つい後ろ向きになっていました。

 それでも、これから改めてがんばるしかないと思っています。
 次は11月です。今度こそ会場で相手にされる作品を作れるようにがんばります。




nice!(0)  コメント(0) 

コミティア121 こ18b [イベント - コミティア]

Notice_Tia_sample1_250_20170819.jpg

 今回もブログとPixivに、同じ内容で投稿させていただきます。

 8月20日開催のコミティア121に、スペースno.こ18bをお借りして参加します。

 持参する予定の本の原稿執筆・印刷を終えました。

 全20ページ(本文16ページ)、一冊100円で販売する予定です。
 ただし前回のような、おまけのグッズは作っていません。
 また、今回もコミティア開催後の近日中に、Pixivで内容を無料公開します。

 つまり、今回も形を何とか、とりつくろった程度です。
 これからさらに上達して、しかるべき値段をつけて作品を販売したり、仕事を請け負ったりするレベルを目指して行きます。



nice!(0)  コメント(0) 

シャウラとノルンの準備経過報告

20170820sample_col_250_175_20170808.jpg

 赤毛の貿易商シャウラ・ディーミと、苗売り娘ノルン・シュマートン。
 現在制作中の漫画の中心になる二人です。ほかにも、いもむしラゼンパとか少しずつ出番がありますけれど…とにかく、8月20日のコミティアに間に合うように、がんばって進めています。


 ノルンは今年の春に考案したキャラクターですが、シャウラは作品公開を始めたころから登場しています。私がBlenderで初めて作成した、人間の女の子です。
 貿易商らしく、ニュースの収集や旅行が好き。未知の世界の冒険を夢見る女の子です。
 ノルンは、地元の畑や山林の世話を休まないために長期旅行などはしないので、行動パターンは対照的な二人です。


 最近、苗売りノルンやトラムカンパニーの二人のように、人間のキャラクターを少々考え出してきましたが、これもシャウラを活かすという目的があります。
 商人が活躍する場面を描くのなら、何か事業をしている人が登場するのがいいと思ったからです。


 シャウラは未知の領域へ探索に行くことを好むのですが、ゲームなどでよくあるタイプとは違って、武器や魔法で戦うキャラクターにすることは避けました。
 『ゼフィーベの空に風翔けて』公表以前には、ろくに考えることもなく既成のアニメやゲームのまねをしていた頃もありました。
 そんな頃を思い返すと、シャウラを考案したのは、自分なりにがんばった結果なのだと考えたいものです。


 せっかく苦労して準備をしてきたんですから、イベント当日に作品が間に合うように急ぐことにします。執筆がんばるぞ。




nice!(0)  コメント(0) 

真夏のデザインフェスタ 一日目 D-212 [イベント - デザイン・フェスタ]

Potstall_174_200.jpg

 ブログとPixivに同じ内容で投稿させていただきます。…つまらない書き出しだなあ。われながら飽き飽きする…

 今週末に東京ビッグサイトにて開催される、真夏のデザインフェスタ2017。
 出展名『ゼフィーベの空に風翔けて』は、一日目の8月5日、ブースNo.D-212をお借りして参加いたします。
 最近描いた作品の展示と、無料頒布のポストカードを少々用意する予定です。

 最近、公開する段階まで仕上げた絵が少ないので、前回やそれ以前の出展に使った絵も持参しようと思います。
 時間配分が下手だったのかもしれません。新しい人物をデザインするために資料を調べる時間を増やしたり、していましたから。
 投稿する記事のアイデアが思いつかなくて、何となく本を読んで時間を使ってしまったことがありました。

 でも、言い訳にもなりませんよね。この種の時間の使い分けは、プロの作家なら誰でも実践しているはずなんですから。

 これからまた、改善策を考えましょう。
 出展はゴールにたどり着くことではない。PDCAサイクルの通過点の一つに過ぎない。
 出展の後に待つのは栄冠ではなくて、見直して改善案を検討する、単なる作業なんだ。
 いつの日か、作品を評価されて、作品制作で収入を得るようになる時を目指してがんばります。